サクラの結婚披露宴

土曜に、サクラ島大学 久保雄太学長と早久良(サクラ)さんの結婚披露宴がありました。

ゆき先生はパリに滞在中のため来られませんでしたが、聡子先生、中尾社長と共に出席。花嫁花婿とソレを祝うあたたかな気持ちにふれ、幸せな時間を過ごして参りました。

ソノ様子は、最近めきめきめきめきと写真の腕を上げられているウェイウェイ社長こと中尾社長(「花を束ねる。」効果!?)のブログにてご覧になれます。

真のベターハーフ || なりブーログ

僕は、人生初体験、祝辞を述べて参りました。

祝辞 || Cheap Memo

数週間。新郎新婦だけでなく、ご家族、ご列席される皆さま、hanawoに携わる人たちの事も思い浮かべ、自身にも向け、言葉を紡ぐ。それは、hanawoを続けてゆく上でも、貴重な機会だったように感じます。

なぜ「花を束ねる。」を開催するの?

そこには言葉に表現できる目的もあります。

けれども、大切なのはソノ表面に出た部分ではなく、もっと根っこにあるモノなのではないかな。という感覚を持っています。

関心を持ってくださる方々、足を運んでくださる方々へ、惜しまず注ぐ。

そこには、言葉という道具では表わしきれないほどの思いと、幸せな想像が、詰まっています。

あらためてソノコトを思いました。

あとあとあとあと。披露宴で、イツモよりもバチっとしたマツ毛の聡子先生が、心あたたたたたまる素敵な声で歌う間、「花を束ねる。」でも歌ってくれないかなあ。と想像をめぐらせました。

ゆき先生は、踊り。
Posted by undoandy
Category : 雑記
Permalink
<< 「花を束ねる。〜花束ダンディ編〜」開催のご報告 | TOP | 花束ダンディ編まであと3週間。 >>