「花を束ねる。〜花束ダンディ編〜」開催のご報告

2012年6月13日(水曜日)、島津重富荘 にて、hanawo 主催の教室を開催いたします。

今回は、なんせい会(鹿児島市の経営者による異業種交流会)の会員に向けた開催となりますため、一般への参加募集は行ないません。

けれども、次回以降の開催内容にも大きく影響する催しだと思いますので、前回までと同様に、準備、トレーニング、当日の様子を、皆さまへもお伝えしてゆきます。

-----
花を束ねる。〜花束ダンディ編〜
-----

第2回目、「花を束ねる。〜オアシスにさす編〜」開催の数日後、ご参加くださった和田印刷 株式会社 和田秀一郎 社長よりご依頼頂き、開催が決まりました。

前回までと同様の内容で開催することも可能でしたが、それでは面白くない。経営者の皆さまが当日を楽しむだけでなく、イベント後の暮らしにも活かしてゆけるような内容を一から考えよう。

ということで、花束ダンディ編の準備をスタート。

らせん状に束ねてゆくシュトラウス(花束)は、「花を束ねる。」史上、おそらく最高の難易度。それをいかに初めての方々にも優しく教えるか。

聡子先生、Mstyle 中尾社長、あれやこれやとアイデアを出しながら、猛特訓中です(ゆき先生は、いまパリに居ます。)。

街に暮らす人たちが、花屋へ足を運び、好きな花を選び、自分で束ねる。これは、hanawoを始めた頃からの理想です。

花に限らず。

全てはツタナいところから始まります。

完成度の高いモノを前にしても臆せず描く子どもたちのように。なんせい会の皆さまが、無邪気に花を束ね、誰かにソレを渡してくださるであろうこと。楽しみにしています。
Posted by undoandy
Category : 花を束ねる。
Permalink
<< チューリップの根 | TOP | サクラの結婚披露宴 >>