6月のバラ園

どんより曇り空。

僕らが行ったのは、台風よりも後だったから。園内は、傷付いたり、枯れゆく何日か前のバラたちばかり。

おまけに、今年は、二番花が開花しない現象が生じたため、秋へ向けた早めの剪定作業が行なわれたのだとか。

温室の中ならば。ソウ期待もしたけれど、そもそも、時期も遅かったのだろう。僕の知っている4年前の5月の風景とは、全く違った。

数少ない綺麗なバラを見つけ、背景に金属のパイプ、立て札やビニールが写らぬよう、寄って撮る。

外へ出ると、紫陽花が綺麗だった。

1週間どころか。1日違えば、花は違う顔をする。

桜島が大きな噴煙を上げる帰り道の、真っ赤な海紅豆(アメリカデイゴ)が目に焼き付く。

春は過ぎた。夏を駆けよう。

*camera: SIGMA DP2samazon

Posted by undoandy
Category : 君の花と
Permalink
<< 紫陽花の小道 | TOP | ちぎる >>